ブラックでもお金を借りたいときには

少ない収入でも、毎日節約に励みながら生活している人はたくさんいます。

しかし、生活していると急な出費はつきものです。

急な引越しや帰省などによって、どうしてもお金が必要になってくるときがあります。

そんなときに貯金もなく借りるあてもない場合、どうすればよいでしょうか。

必要な分を稼いだり、給料日まで我慢するという方法もありますが、お金が必要な日に間に合わないという場合もあるでしょう。

キャッシングを利用すればすぐに現金を用意することが可能ですが、すでにたくさんの借り入れがある人の場合、キャッシングローンの契約を結ぶことが難しいこともあるでしょう。

キャッシングローンを結ぶことができない、金融ブラックの人の場合、お手持ちのクレジットカードを使って現金を作ることができます。

キャッシングは限度額いっぱいまで使っていても、ショッピングクレジットの枠は使っていないという人もいると思います。

そのような場合、クレジットカードでブランドバッグや航空券、新幹線のチケットなどを購入し、質屋や金券ショップで買取をしてもらうことで現金を手に入れることができます。

このように、ブラックでも現金を用意することは可能ですが、返済計画がとても重要になってきます。

クレジットカードで現金を用意する際には、支払いについてもしっかり考えなければなりません。一括で返済できない額を現金化した場合は、分割払いやリボ払いをりようする必要があります。

今後の生活の支出を考えて、自分にあった支払い方法を見つけましょう。

すでに支払いがある場合は、さらに支払いが増えることになります。

場合によっては、多重債務の状態になってしまう恐れもあります。

現金化した分をどこでまかなうのかをしっかり考えることで、これ以上借り入れを増やさないようにしましょう。

お金を用意どうしても早急に現金が必要なときには、クレジットカードのショッピング枠を現金化してみてはいかがでしょうか。

ブラックでもお金を借りることをあきらめる必要はない

ブラックになってしまったのでお金を借りることができなくなった、とあきらめている人も多いでしょう。しかし、ブラックになってしまったからといって絶対にお金を借りられないわけではありません。条件によってはお金を借りられる可能性は低くないといえます。

まず、ブラックになっているという状態ですが、金融でブラックになったという場合には申し込みブラックとブラックリストに載ってしまった、と二つの状態かどちらか一つの状態になっていると考えられます。申し込みブラックとは短期間の間に複数の融資も申し込みをしてしまっている状態で信用情報機関の個人信用情報に申し込み履歴になっており、ブラックリストに載っているということは返済遅延や自己破産や債務整理の履歴などで信用情報機関の個人信用情報の事故情報に記載があるという状態です。

このうち申し込みブラック状態は複数の申し込みが原因ですが、ブラック状態をなくすためには新たな申し込みを半年しなければ個人信用情報から履歴が削除されますから半年でブラック状態から逃れられます。そうなれば審査に通る可能性が申し込みブラックよりも格段に高くなります。

問題はブラックリストに載っているという状態で、事故情報に記載されていますとその情報が削除されるには最低でも5年が必要になるので、自然にブラックリストから解放されるには時間がかかっています。しかし、ブラックリストに記載がある場合には、銀行や大手の消費者金融などではほぼ審査に通ることはできなくなっていることは事実ですが、中小の消費者金融ではブラックリストに記載があっても融資が可能であることも少なくありません。それぞれの消費者金融によって融資の条件は違いますが、ブラックリストに載っているような人であっても、返済できる収入があり、返済をきちんとしており、本人との連絡をしっかりとれる、などの条件が整っていれば融資をしてくれる消費者金融はあります。ですので、借りられるということだけで闇金に走るのは絶対やめるべきです。